YBR®の目的 【関節/体内のスペースを広げる】

YBRの目的1

重力に身体が負けて    ブルーの矢印の方向へ身体を引き伸ばし

潰れている状態      体内に空間を作ります

誰しも加齢により、身体の機能は低下していきます。 

そこに、重力の負荷と、便利な生活様式が加味され、

どんどん身体は硬くなり、地面の方向へと押しつぶされてしまいます。 

慢性的な関節痛の主な原因は、骨と骨の間隔が狭く、

軟骨同士がぶつかり合うことです。

 

ヤムナボディローリングでは、あらゆる拘束から身体を解放し、

体内に必要な空間を作ることで身体にかかる負担を緩和します。 

 

また、筋肉や骨を正しい方向に導くことで、

重力に対して相反する力を備え付けることができ、

より活動的な状態に戻ることが可能です。 

※イメージ画像です。
※イメージ画像です。

骨の間隔が狭いと        関節内に必要なスペースを生み出し

痛みが発生します        元の最適な状態へ戻します

ヤムナボールグループレッスン

2,500円/60分 西小山駅徒歩4分

火曜よる7時ヤムナレッスン内容

10/16 ヒップ

10/23 リブ/ソラシック(胸郭)

 

10/30 アッパー&フォアアーム

 

11/6 お休みです!

11/13 フット

11/20 アンクル

11/27 ショルダー

 

12/4 トータルボディ 

12/11 フット

12/18 ニー

12/25 スパイン

 

1/1 お休みです!

1/8 フット

1/15 ペルビス

1/22 ネック&ショルダー

ボールに乗っている時の姿勢こそ大切 ()
ボディローリングをする時、自分のあてたい箇所にあてたくなるものです もちろん、間違ってはいません ただ、姿勢を治そうと思ったら、そういうわけにはいきません いつもと同じ姿勢、もしくは、グチャッと潰れた悪い姿勢で、ボールに乗ってしまうと、そのままの姿勢になってしまいます 骨や筋肉をボールにのせることで、正しい位置に骨格を保つことが大切です つまり、良い姿勢を保つためには、その姿勢を制御するために、筋肉を働かせる必要があります というか、働かせて下さい! それこそが、体幹の安定だったり姿勢や歩行の変
>> 続きを読む