【週末ワークショップ】YBR体幹強化のワークショップ

腹筋運動(クランチ)は百害あって一利なし!

 

カラダの体軸・センターを「縮めて硬く」してしまうのではなく、必要な「長さと柔軟性」をいかに維持するのか?、といったコンセプトにフォーカスするワークショップです。

単純な腹部を縮める腹筋運動の場合、肋骨と骨盤の間が狭くなり内蔵を圧迫、腰に負担がかかり腰痛の原因にもなります。また、肋骨が引き下げられてねこ背姿勢を誘発するばかりか、肋骨の動きが制限されて肺機能が低下、呼吸も浅くなります。

Yamunaボールを使った体幹強化の場合、左右の骨盤を整えた上で肋骨を上方に引き上げ、臓器のための必要な空間を確保。次に、肋骨自体を360度拡張させて、肺の膨らみを促進、心臓への圧迫も減らします。十分に体幹全体を拡張させた後、その柔軟性を保ったままで色々な運動を行い、耐久力を強化していきます。

終わった後には、お腹が凹む、胸が広がり持ち上がる、背骨全体が長くしなやかに感じるなど、骨格的な美しさも得られることでしょう。臓器に負担を与えること無く、姿勢や動作を改善できるヤムナメソッド、あなたも「Body Sustainability」を始めてみませんか?

 

日程:2015 年 06月14日(日)

時間:13:00~15:00 ※要予約

料金:6,500円

場所 Yamuna Studio & Store

ご予約はこちらをクリック

ヤムナボールグループレッスン

2,500円/60分 西小山駅徒歩4分

火曜よる7時ヤムナレッスン内容

 

5/21 ヒップ

5/28 スパイン

 

6/4 トータルボディ

6/11 フット

6/18 アンクル

6/25 ショルダー

 

7/2 トータルボディ

7/9 フット

7/16 ニー

7/23 ペルビス

7/30 ブレス

横隔膜を思ふ ()
何かと話題になる呼吸ですが、みなさんは正しく行えていますか? 息を吸って吐く単純な動作のようで難しいと近頃よく思います 胸式?腹式?身体には個体差があるのでどちらも正解とも言えます ただ 呼吸の主動作は「横隔膜」であることは間違いありません 横隔膜の上下動作が正しく行えないと様々な代償動作がおこり腰痛や肩こり、自律神経の乱れに繋がります 横隔膜の働きを活性化できれば無駄な代償運動が減って身体が楽になりますし 反対に、代償運動による身体の緊張や歪みを減らせば呼吸もしやすくなるはずです
>> 続きを読む